地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

イングリッシュライブ 中上級 グループレッスンを聴講した感想

      2017/11/21

EFイングリッシュライブを始めて、2か月。レベル8の中級から初めて、レベル9と課題をこなし、ようやくレベル10の中上級に突入しました。苦戦しています(笑)。

初めての中上級のグループレッスンは、自信がなかったので、まずは、聴講してみました。

レッスンの冒頭、まずは、ネット回線のテストを兼ねて、自己紹介。参加者の国籍は、フランス、イタリア、ロシア、ブラジルと、ヨーロッパ系の方が多数でした。

トピックについて、ウォーミングアップ みんなのレベルの高さに愕然

今日のトピックは、「エクストリームスポーツ」。バンジージャンプ、ロッククライミング、スカイダイビングなど、危険を伴うスポーツです。

自己紹介のあと、教材のスライドを見ながら、それぞれのスポーツに関心があるか、話し合いました。

しかし、自己紹介のときから、思っていましたが、中上級の生徒の皆さん、レベルが高い!中級の生徒さんに比べて、各段に滑らか。かつ、一人、発言一回につき、4センテンスくらい話すのに驚きました。

スポーツのルールについて話す

続いて、スライドを見ながら、野球、ビーチバレー、サッカー、バスケットボールのルールについて、一人一人、説明する練習をしました。やはり、生徒の皆さん、積極的にスラスラと話していました。私だったら、到底、無理です。

私は、スポーツにあんまり関心がないので、日本語でも、ルールについて話せません。このトピックは、聴講にしておいてよかったと心から思いました。

語彙の練習: スポーツを表現するときに使う動詞

スライドにあげられている動詞、hit,throw,kick,run,jump,catchを使って、センテンスを作る練習。そのあと、他には、どんな動詞があるか、みんなで発表しました。発表した動詞を、先生が、画面にタイピングしてくださいました。

ストーリー組み立て練習: 架空のスポーツ、エクストリーム・アイロン

スライドの文を読み上げながら、赤字の動詞の部分を直していく練習…だったかな。だんだん、集中力がなくなり、半分寝ていました(笑)。スライドの内容は、二人組で走りながら、熱くなったアイロンを、パスし、アイロンがけをしていく、架空のスポーツについて、ルールを説明している模様。

最後に先生が、「このスポーツを試したら、みなさんの国で流行ると思う?」と聞きましたが、誰も「流行る」と答えた人は、いませんでいした。

ロールプレイ: 極限のスポーツのルールを語る

グループレッスンの最後は、中級のときと同じ、ロールプレイ。極限のバスケットボールのルールを考えて語る練習でした。一人が、3~4センテンス話して、次の生徒さんにバトンタッチし、どんどんストーリーを作っていきました。いやー、聞いていて、何が何だかわかりませんでした。もう、ついていけない(涙)。

まとめの感想

と、このように、中級のクラスに比べて、中上級のグループレッスンのレベルは、かなり高く、参加を躊躇してしまいました。なので、しばらく、聴講しようと思っています。

追記

1週間ほど、聴講後、レッスンに参加するようになりました。時間帯によっても、レベル差があるようです。

日本時間で、深夜から早朝にかけては、ヨーロッパ系の人が多いので、クラスのレベルが一番高い。朝から、お昼の時間にかけては、南米の人が多いので、これまたレベルが高い。午後から夕方にかけては、アラブ系、アジア系の人が多いので、レベルが低め。夜の時間帯は、いろんな人がいるので、レベルがバラバラと、いった印象です。

もし時間に都合がつくなら、最初は、ヨーロッパ系、南米系の生徒さんが少ない、夕方の時間帯がねらい目かなあ。

よろしかったら、こちらの記事もどうぞ。EFイングリッシュライブ、グループレッスンの関連記事です。

イングリッシュライブ アラブ諸国の人々と グループレッスン体験 

イングリッシュライブ 美声なアメリカ人講師と グループレッスン体験 

イングリッシュライブ グループレッスン メリット、デメリットなどの感想

イングリッシュライブ 「使役動詞 haveとget」 中上級グループレッスン 

イングリッシュライブ 上級 グループレッスンを聴講した感想









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: EFイングリッシュライブ