地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

シンガポール ゲイラン アルジュニードロード 本場蘭州ラーメンの店

      2016/09/05

シンガポール、ゲイラン地区といえば、いかがわしい場所として、眉をひそめる方も多いのですが、安くておいしい中華料理が味わえる地区です。

日本の清潔なお店に慣れた人には、衛生面で、受け入れられないかもしれませんが、私は、長い間、中国大陸に住んでいたので平気で、よく出かけてました。

その一つがここ、「蘭州ラーメン」、という看板を掲げている店。すみません、正式な店名がわかりません。写真、向かって真ん中の店です。

住所を調べたのですが、正確な番地までわかりませんでした。再びすみません。

Aljunied Rd上、Sims Avenue と Geylang Rdに挟まれた場所にあります。Sims Avenueから、Aljunied Rdへ入っていくと、向かって右側です。

店の外観を撮りたかったのですが、例によって、混雑した店で、写真が撮りづらくあきらめ、グーグルのストリートビューを使用しました。

グーグルのストリートビューの写真には、ほとんど人が写ってないので、いつ撮ったんだろう、と感心します。いつもは、混雑し大陸風中国語が騒がしく聞こえる店です。

さて、このお店ですが、私の中国語の先生が、シンガポールで一番本場に近い「蘭州ラーメン」を出す店と言っていました。

私もそれに同意しますが、でも、本場とは何かが違う。そして、暑いシンガポールで、しかも、冷房もない店で、熱いラーメンを食べるのは辛く、もっぱら「涼麵」を食していました。

liangmian

具に、キュウリの細切りと、揚げピーナツが入ったシンプルなものです。

そして、ニンニクのみじん切りと黒酢が効いています。

私は、それにさらに黒酢を足して食べ、途中で唐辛子を加えて、食べていました。

涼麵だけでは、物足りないので、ちょっとしたおかずも1~2種類食べていました。これまたニンニクが効いているのです。

ニンニクが凄いので、この店で涼麵を食べるときだけは、今日はこれから誰にも会わないぞ、という日に、ひとりきりで出かけていました。

黒酢の甘みと酸味、唐辛子の辛み、ニンニクの成分で、食べると元気になれました。

このお店は、巨大な肉まんもお勧めです。残念ながら、中国語しか通じません。

お店の売り子のお姉さんは、若く愛らしい顔して、接客態度が強烈です。(つまり、態度悪い、ということ。)客層も、筋骨たくましい北方中国人男性が多いので、シンガポールにいることを忘れてしまうお店です。

お店で食べる勇気がなかったら、肉まんなどのお持ち帰りをお勧めします。



こちらの記事もおすすめです。
シンガポール チャイナタウン スミスストリート 蘭州ラーメン







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: シンガポールの食べ物