地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

中級~上級者向け イングリッシュライブとDMM英会話の比較

      2017/11/21

DMM英会話で6か月勉強し、そのあと、EFイングリッシュライブで6か月勉強し、またDMM英会話に戻ることにしました。

両オンライン英会話サービスを使ってみた、比較の感想を書きます。(本当は、DMM英会話とイングリッシュライブのあいだに、ネイティブキャンプを1か月受講していますが、上級者には向かないと感じたので、割愛します。)

私の現在の英語力は、英検準一級、TOEIC800~850です。参考になれば幸いです。

サービス内容とお値段について、簡単にご紹介

イングリッシュライブ、DMM英会話で、私が受講したコースは、以下の内容とお値段です。

イングリッシュライブ

グループレッスン、月20回、1回45分。プライベートレッスン、月4回、1回40分。オンライン自主学習教材が無制限で使えます。

受講料は、月額7452円。

先生は、ネイティブ。先生の国籍は、アメリカ、イギリス、南アフリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど。

DMM英会話

スタンダードコース。毎日1回、1回25分のレッスン。

受講料は、月額5500円。先生は、非ネイティブ。先生の国籍は、世界50か国にわたりますが、フィリピンとセルビアがメインです。

英単語アプリ、iKnowが無制限で使えます。

DMM英会話をやめたわけ、イングリッシュライブをやめたわけ 共通の理由

両英会話サービスをやめることとなった最大の理由は、飽きてモチベーションが続かなくなったからです。同じような教材で、勉強を続けていると、進歩を感じにくいので、イライラしてくるし。

同じ会社のオンライン英会話サービスを、1年も2年も続けている人って、本当にすごいと思うのです。飽きた以外に、6か月を越えて続けられなかった理由は、以下のとおり。

DMM英会話をやめたわけ

リスニング力があまり伸びないと思ったからです。もちろん、始める前よりは、伸びましたが、ある一定のところで、伸び悩みを感じました。

DMM英会話は、スピーキングの練習を中心としたサービスなので、先生の話を聞く機会が少なめです。

また、DMM英会話の先生の英語力は、高いというものの、非ネイティブなので、ネイティブ特有のリエゾンを使わず、一語一語はっきりとした話し方をします。なので、DMM英会話(スタンダードプラン)だけで、勉強していては、ネイティブ同士の会話や、映画の台詞を聞き取れるようにはなりません。

プラスネイティブプランに加入すれば、先生はネイティブなので、以上の不満は解消されます。しかし、ネイティブプランは毎日1回25分間のレッスンで、月額15800円とお高めなので、私には手が届きませんでした。

そこで、先生がネイティブだけれども、プライベートレッスンが少ない分、比較的受講料が安い、イングリッシュライブに変更しました。

イングリッシュライブをやめたわけ

リ―ディング力があまり伸びないと思ったからです。

聴く、話す、読む、書くをまんべんなく学習できるカリキュラムだそうですが、「読む、書く」の比重が軽いと感じました。

「書く」練習は最初から、あまり期待していなかったのですが、「読む」練習は、TOEICなどの資格試験などでも、必要になるスキルなので、あまり比重が置かれていないのが、痛いところでした。それでも、「聴く」、「話す」面で効果があったので、6か月続けました。

イングリッシュライブで勉強して、一番よかったのは、興味あるトピックであれば、Youtubeの英語の動画が楽しめるようになったことです。

リーディング力の向上を目指して、リーディング教材が充実したDMM英会話を、再び受講することにしました。

DMM英会話を再開した感想

先生について

昨日、ひさしぶりに、DMM英会話のレッスンを受けました。先生は、大学で英語を専攻したという、セルビア人の男性でした。

先生の発音は、リエゾンがない分、ネイティブの先生より聞き取りやすかったです。ご自身も一生懸命、英語を勉強した経験があるので、教え方のポイントが、イングリッシュライブの先生より、上手だと思いました。

ただ、やっぱりネイティブでない分、イングリッシュライブの先生のような、細かい指摘ができません。イングリッシュライブの先生は、冠詞、時制、3単元のsなど、間違いの指摘が厳しかったです。

DMM英会話は、間違いの指摘が少ない分、楽しく伸び伸びと話す練習ができる、とも言えます。

教材の内容と進め方

使った教材は、デイリーニュースです。DMM英会話は、いろんなタイプ教材を自分で選べるところがいいですね。教材も日々進化していて、デイリーニュースの教材は、レベル別、トピック別に検索できるようになっていました。

デイリーニュースのレッスンは、先生についてニュースを読んで理解し、ニュースの内容について、ディスカッションをするものです。が、正直、ニュースの理解に重点を置くと、ディスカッションまでレッスン時間内に終わりません。リーディングの練習に、難しめの記事を選んでいるので、そのあたりは割り切って使っています。

忙しい日や疲れている日は、先生の助けがなくても読める易しい記事を選んで、ディスカッションを楽しんでいます。

中級~上級者向け イングリッシュライブとDMM英会話の比較 まとめ

・「聴く」練習を重点に置いている場合は、イングリッシュライブのほうが、先生がネイティブだし、オンライン自主学習教材が充実していて、リスニングの練習がたくさんできるので、よい。

・「読む」練習、特に長文読解に重点を置いている場合は、DMM英会話のほうが、リーディング用教材があるので、よい。ただし、レッスン時間が25分間と短いので、リーディング用教材に用意されているディスカッションの練習を充分にするには、時間が足りない。

・「話す」練習の場合、イングリッシュライブでは、発音や文法など、間違いを細かく指摘してくれる。が、会話が途中で中断されてしまうので、楽しさに欠ける。

・「話す」練習の場合、DMM英会話では、発音や文法などの間違いをあまり直さない。会話が中断されない分、楽しめる。

以上です。

それでは、また~。

よろしかったら、こちらの記事もどうぞ。
DMM英会話とネイティブキャンプ、どちらを選ぶ? 基準となる7つの状況









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: EFイングリッシュライブ