地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

シンガポール 悲しい婚活体験 その2 出会い系に登録してみました

      2018/08/28

これは、シンガポール現地採用者として働く女子の物語です。

lovers

ちょっとだけ、こんなの↑期待してました

この世の中には、素敵な男性との出会いを夢見てがんばる女子を妨害する、迷惑この上ないキャツらがいます。

いつものように事務室で忙しく働いていると、シンガポール人女子Bちゃんと目が合いました。毎度、誰かに仕事を押し付けて、定時で帰ってしまうチャッカリ屋さんです。

「なに?」

また、変な仕事を押し付けようと企んでいるでしょ、とギロリとにらむと、彼女は大きな目で私を見つめ、天使のような笑みを浮かべて言いました。

「あなたもお、いつも仕事ばかりしていないで、彼氏を作りなさいよ。」

「は?」

恋人探しのいいサイトがあるから、教えてあげる。

珍しく親切にしてくれるので、不気味に思っていると、彼女は、さささっとメモ書きして、私に渡してきました。

サイトのURLが書いてあります。http://www.singaporelovelinks.com/
URL名からすると、シンガポール人の男女が出会うためのサイトのようです。

「ごめんなさい。私シンガポール人男性に興味がないから。」
とお断りすると、Bちゃんは、

「外国人もいっぱい登録しているよ。日本人男性もいるし。インドネシア人のCちゃんもこれで彼氏を見つけたんだよ。」

彼女の絶大な勧めにより、私はこのサイトに、まずは無料登録することにしたのでした。恥ずかしいけど、写真も載せて。

登録後、さっそく日本人男性から、メールが届きました。しかし、無料登録の会員には、自分からメールが送れないばかりか、有料会員から届いたメールも、モザイクをかけて、一部しか閲覧できないようになっていました。

このモザイクが、かかっているところが読みたい。。。

メールを全文読みたいがために、有料会員に登録。そして、登録後、晴れてモザイクがかかっているところが読めるようになると、そこには、デートのお誘いとともに、「既婚者ですが、よろしくお願いします。」という一文が添えられていたのでした。

しばし、怒りに打ち震えました。

ま、有料登録した期間は試してみましょう、とその後何日か続けたものの、なかなかうまくいきません。

そんなある日、「あなたのプロフィールを閲覧した人」というコーナーがあることに気づきました。その人にメールをすれば、カップルになれるかもしれない、とのことです。

ふーん、と思って、そこをクリックし、何名かの男性の顔写真を見ていると、心に激しい衝撃が。

こ、これは、わが社のゼネラルマネージャー、E氏!!シンガポール人。

毎朝、出勤するとき、ちょうどE氏が出勤するのと重なります。E氏は毎朝、奥さんに車で送ってもらい、車を降りるときに、チュッとかやってます。そう、E氏は既婚者なのです。なのに、ネットで不倫相手を探している???

問題は、これからの行動です。もし、ネットで私の写真を見かけただけなら、プロフィールを開けてみないはず。なのに、開けてチェックしたということは、何か私に期待しているのでしょうか。

絶対、そんな風に見えないけど、もしかして前から、私のことが気になっていた?

悩んだ末、彼にメールを出すことにしました。

"Hi, are you interested in me?" (私に興味がありますか?)

結局、E氏から返事はもらえず、彼のプロフィールをチェックしようとすると、E氏がブロックのタグを使ったようで、閲覧不可能になっていました。どうやら、私のことは、好きではなかったようです。

おもしろすぎる話なので、会社中の人にこの話をしたかったのですが、そこは大人の対応で、誰にも話しませんでした。E氏とは、お互い何事もなかったように、毎日お仕事。

その後、Bちゃんから、「サイトどうだった?」と聞かれましたが、「うまくいかなった」とだけ答えておきました。

現在、私もE氏も、その会社を退職しています。

人間不信になりそうな、シンガポールの出会い系サイト体験でした。



よろしかったら、こちらもどうぞ。

シンガポール 悲しい婚活体験 その1 友人に付き合う

ネットの出会いには、気をつけましょう。お金を盗む悪い人も、心を盗む?悪い人もいる。
英語が多少できる女子は、国際ロマンス詐欺団に注意!

勉強一筋だった、北京留学時代のなつかしい思い出。
北京留学時代 謎のトルコ人にプロポーズされる







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: シンガポール