地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

ツルツルの湯で温まる 「小倉温泉旅館」 南秋田郡五城目町

   

五城目の温泉は、アルカリ度が高く、ヌメヌメ、トロトロ、ツルツルするのが特徴です。今回は、五城目で、3軒目の温泉宿、小倉温泉旅館にお邪魔し、日帰り入浴を楽しんできました。

小倉温泉は、「道の駅 五城目」から、約1キロメートル離れた、小高い丘の上にあります。

撮ったはずの旅館入り口の写真が、なぜか消えてしまっていたので、いきなりフロントの写真です。今回は、家族と来たので、ゆっくり写真を撮る暇がありませんでした。

日帰り入浴料は、大人お1人様400円。温泉内に、コインロッカーがないので、貴重品はフロントで預けることになります。(ほかの五城目の温泉宿も、フロントで預けるパターンだったなあ。)

ロビーは広いので、入浴後、ゆっくりくつろぐのにいい感じ。お庭の様子も眺められるし。

さらに、500円を出すと、大広間で休憩できます。人がいない方向で、写真を撮ったので、ちょっとおかしな角度になってしまいました。テレビやお茶のサービスもあるのよ。

大広間から、のどかな景色が見渡せました。

浴場の入り口に「浴場が滑りますので、ご注意ください」という張り紙がしてあるのに、気づきました。注意書きどおり、床がツルツルするので、歩くときに、うっかり滑らないように気をつけました。

お風呂の種類は、内風呂1つと、ドライサウナと、水ぶろ。内風呂、ドライサウナとも、こじんまりとしており、定員5人というところでしょうか。でも、清潔感があり、落ち着ける感じのお風呂です。内風呂のようすは、こちらをごらんください。

泉質は、ナトリウム―炭酸水素塩泉、PH8.8ということです。源泉14度を、ちょうどよい温度に沸かしている感じでした。どちらかというと、ぬるめ。無色透明、ほとんど無味無臭で、お湯がトロトロとするほかには、くせのない優しい温泉という印象です。

お風呂から上がったあとは、余計お肌な角質が取れて、すべすべになりました。しばらく、体がポカポカして温まりましたよ。フロントの女性の接客もよくて、心も温まりました。

小倉温泉旅館 アクセス

住所:秋田県南秋田郡五城目町富津内下山内猿田沢24

電話番号: 018-852-2440

小倉温泉旅館の公式ウェブサイトを探しましたが、見つからないんですよね。小規模ながら、きちんとした旅館なのに、意外です。営業時間や休日などがわからず、すみません。

よろしかったら、こちらの記事もどうぞ。
新緑の滑多羅(なめたら)温泉 「赤倉山荘」 南秋田郡五城目町
とろとろの白い硫黄泉 「湯の越の宿」 南秋田郡五城目町 






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: 秋田の温泉