地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

AliExpressレビュー メンズパジャマが届かなくて返金になる

      2019/06/19

AliExpressは、注文したものが届かないことがよくあると聞いていました。そして、私自身、注文6回目にして、届かないという事態に遭遇してしまいました。

が、届かないことをセラー(売り手)に連絡したら、あっさり返金してもらえたというお話です。

私と母親のパジャマを注文したときに、父親のパジャマも注文したんですよね~。

長袖のパジャマ兼ホームウェアになるやつ。いろいろデザインがありましたが、今となっては、どんなデザインを注文したか忘れてしまいました。

ストア名は、 Aimu Store。

注文から3日後。セラーから出荷したとメールがありました。荷物の追跡番号も書いてくれていました。

それから、待つこと25日。注文から1か月近く経つのに、さすがに届かないのは遅すぎると、発送状況をサイトから確認。

サイトによれば、「荷物の発送の準備が完了しました」を過ぎたのち、原産国の中国をまだ出ていないとなっています。

なので、サイトの"Contact Seller"ボタンを押して、セラーに連絡を入れました。(原文は英語です。)

4月の終わりに注文しましたが、まだ届きません。出荷したかどうか確認してくれますか。

そしたら、翌日、セラーから連絡がありました。

運送の途中で何か問題があったようです。"Open Dispute"をしてくれれば、すぐに返金します。本当にすみませんでした。次回の注文をお待ちしています。そのときは、もっとよいサービスができるようにします。

ああ、セラーが「すみません」などと、中国人らしからぬ言葉を書いてくれたのに、感動。

AliExpressで発注すると、クレジットカードにすぐ請求されるものの、顧客が実際に商品を受け取って、"Confirm Order received"というボタンを押さない限り、AliExpressからセラーに売上金額が渡りません。

商品が届かなかったり、商品を受け取っても不良品だった場合などは、"Open Dispute"というボタンを押して、返金請求ができます。

ところで、例のメンズパジャマの発注画面がどうなっているか見てみると、

「申し訳ございません。この項目はもはや利用できません。」と、発注停止になっていました。

ここのセラー、対応が誠実でいいなあ。

セラーが、快く返金を承知してくれたので、"Open Dispute”のボタンを押して、AliExpressに全額返金の請求をしました。そして、4日後にAliExpressから、「セラーが全額返金に応じたので、返金処理をします」という返事がありました。

他の方のブログを読むと、"Open Dispute”するとセラーと揉めて、返金まで数か月かかると書いてあったのに、私が実際に経験したケースでは、順調に事が運んで、ちょっと拍子ぬけ。

本日6月4日、返金処理の状況を見てみたら、"Refund completed"(返金完了)となっていて、手際のよさに驚きました。

ちなみにAliExpressやセラーとのやりとりのさい、英語は完璧でなくてもOk。Google翻訳で通じるはずです。見ていると、セラーさんたちの英語も、けっこう間違っています。

中には、ほとんど英語ができないセラーもいて、コミュニケーションがとれずに参ってしまいました。そんなセラーと不良品をめぐって、紛争となったことがあります。それについては、次回の記事でまた。

追記:6月18日

何気にクレジットカードの6月分の明細を見たら、クレジットカードの合計請求額から、マイナス金額の形で返金されていました。

ただ、注文した日より、返金があった日のほうが円高だったようで、結局50円損してしまいました。めそめそ。

追記:6月19日

AliExpressのメッセージ欄を見たら、セラーから「返金しましたので、ご確認ください」という連絡が入っていました。へえ、ちゃんと返金の連絡もくれるんだあ、と感動。もちろん、「返金を確認しました。ありがとう」とお返事しておきました。






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: 転職・就職・お小遣い稼ぎ・節約