地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

「弥助そばや」の天ざる さすがのお味でございました 羽後町西馬音内  

      2018/06/04



西馬音内盆踊りを見に、秋田市から羽後町西馬音内まで、やってきました。西馬音内といえば、おいしいそばが有名です。西馬音内に来たからには、絶対に食べて帰ろうと決めていました。

西馬音内そばのお店は、ネットで調べたら、数店ありました。どのお店にしようかなと考えながら、街を歩いていると、真っ先に見つけたのが、「弥助そばや」のお店でした。西馬音内そばの元祖の店として、有名なお店です。なんと、創業から、約200年たつのだそう。

じゃあ、ここで、食べようということになりました。

「弥助そばや」は、二万石橋のたもとにあります。お店の前に、「夜は、5時から営業します。」という張り紙が貼ってありました。そのとき、4時を過ぎたばかりだったので、西馬音内の街を歩いて、少し時間をつぶし、4時45分ころ、店の前に戻ってきました。

すると、まあ、すでに店の前に、10人くらい並んでいるではありませんか。皆さんが話している口調からすると、県外からのお客さんのもようです。

皆さんも、きっと、私と同じように、ネットで調べて、このお店に来たのでしょうね。5時になり、めでたく入店できましたが、列を作っていた人全員は入れませんでした。

お盆期間中は、メニューが限定されており、あらかじめ食券を買ってから、席につくシステムでした。メニューは、天ざるそば、とろろそば、ざるそばなど。そばのほかに、うどんもありました。そのほかに、天丼もあり。

私は、思い切って、一番お値段の高い、天ざるを注文しました。1200円。

席についたら、まず、冷たいそば茶が提供されました。そして、ほどなく、天ざるが登場。あれえ、ざるに載っていないのに、天ざる?まあ、いっか。

西馬音内そばは、以前、秋田空港のレストランで、食べたことがあったので、おいしいと知っていましたが、意外にも、てんぷらがおいしかったです。てんぷらの種類は、おくら、なす、かぼちゃ、海老。どれも、できたて熱々で、衣がさっくりしていました。

海老は大きく、ぎっしりと身が詰まっていて、あんなにおいしい海老天を食べたのは、ひさしぶりです。

そして、固めで細いそばを、濃いめのつゆに少しだけ付けて食べたら、なんとおいしいことよ。つゆは、甘辛味で、なんのだしかは知りませんが、とにかくよいお味。

実は、私の席、お店入口正面のちょうど向かいに面していて、まだ、並んでいる人たちの顔が見えるところだったのです。店内をのぞき込んだ人たちは、私が幸せそうに、そばを食べる様子を見て、きっと、もの凄くくやしかったに、違いありません。

お店が大変混雑していたので、ゆっくりするわけにはいかず、食べ終わると早々に、店を出ました。店に並ぶ人の列は、さらに長さを増していました。

次回は、お祭り期間中じゃないときにきて、まったりと、ひやがけニシンそばを食べたいものです。秋田市から、西馬音内まで遠いですけどね。うーん。

弥助そばや アクセス

住所:秋田県雄勝郡羽後町西馬音内本町90

電話番号:0183-62-0669

営業時間:11:00~18:00※そばがなくなり次第終了

休日:不定休

ほかにも、西馬音内そばのお店が紹介されているサイトは、こちら。
羽後町観光物産協会 西馬音内そば
どのお店のそばも、おいしそう。

よろしかったら、こちらの記事もどうぞ。
お婆ちゃんの手作り天ぷらに感動、「松屋」の天ざる 羽後町西馬音内
日本一おいしいラスクの店 カフェ・オウザン 羽後町西馬音内
秋田空港で、ひやがけ西馬音内そばを食べちゃった 「レストラン そら」






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: 秋田のお食事のお店