地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

盛りの良さに驚いてしまった 「麵屋あり坂」 大仙市大曲

      2017/05/01

海外から帰省中の友人と、大曲(おおまがり)に、花火を見にきました。第16回「国際花火シンポジウム」4月28日のプログラムです。

秋田市から電車で来て、大曲駅で降りると、外国人の姿がチラホラ見えました。秋田も国際的になってきたものだねえ、と感心。

花火が始まる時間まで、まだ2時間くらいあったので、夕食をとることにしました。

まずは、大曲駅前を探索。ホルモン焼き、しゃぶしゃぶ屋、焼き鳥屋と、肉関係の店が多い、という印象です。まだ夕方で、開店していませんでした。

そのうち友人が、日本のラーメンが食べたいというので、ラーメンを食べることにしました。

海外に住んでいると、「日本のラーメン」が食べたくなります。海外にも、日本に本店があるラーメン屋があるのですが、いつのまにか、現地の人の好む味にアレンジされ、別の食べ物に変化しているんですよね。

ラーメンを食べることにしたものの、土地勘がないので、ラーメン屋を探し、大曲駅前周辺をぐるぐると探し回ることに。

そして、ようやく、よさげなお店を見つけました。まだ午後5時すぎだったので、店内には、誰もいませんでした。

メニューを見ると、札幌ラーメンをベースに、「打ち上げらーめん」、「ホワイトらーめん」、「クリームらーめん」など、創作ラーメンが並んでいました。

どれもおいしそうでしたが、ここは無難に、店でいちばん人気の「こだわりラーメン」をチョイス。

最初に、ラーメンが一杯分運ばれてきました。あまりのどんぶりの大きさに、「これ、一人前ですか?」と店員さんに聞いてしまいました。お店の人も、どんぶりが大きすぎて、2杯同時に運べないもようです。

しかし、どんぶりが大きいとはいえ、底が浅く、頑張れば、完食できそう。…いや、できませんでした。この量で850円だから、若い人は大喜びなんじゃないかな。友人は、ラーメン一杯と餃子を頼んで、二人でシェアすれば良かった、とくやしそうでした。

お味は、札幌ラーメンらしく、しっかりとした味噌味で、大変おいしゅうございました。ラーメンに載っているチャーシューも、美味でしたよ。

午後、6時を過ぎると、地元の人らしきお客さんが、次々に入ってきました。早めに店にきておいて、正解でした。

麺屋あり坂 アクセス

住所: 秋田県大仙市大曲通町2-5

電話:0187-63-6567

営業時間:
昼:11:00~15:30
夜:17:00~20:00
ランチ営業、日曜営業

定休日:
年末年始 木曜日(不定)






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: 秋田のお食事のお店