地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

秋田の地酒も置いてある、中華風創作料理のお店「十六房」 秋田市仁井田

   

ゴールデンウィーク中の昼。何か、変わったものが食べたい、とネットで検索したら、家から割と近いところに、中華料理のお店を発見しました。「十六房」というお店です。

ネットの記事を読むと、中華料理というより、創作料理に近く、かつ、体によい素材を使おうとしているお店らしく、変わったものが食べられそうだと期待し、行ってみました。

本日のランチメニューがこれ↓。

メニューを見て、うーん、汁なし担担麺かあ、と思いました。日本で、(いや、秋田で?)、中華料理、あるいはラーメン屋のメニューを見ると、ことごとく、お勧めが坦々麵なのは、なぜなのでしょうか。

中国在住中、様々な麵を食べてきた私には、秋田の中華のお店において、坦々麵だけが頻繁に出てくる理由がわかりません。このブログにおいても、いったい何回、坦々麵を食べたという記事を書いたことでしょうか。

なので、今回は、坦々麵はご遠慮しました。

結局、注文したのは、以下のとおり。
タイ風チアシードのレモンラーメン、筍と山菜のあんかけ焼きそば(いずれも、ハーフサイズ)。
サラダとスープ。
飲み物(私は、アイスコーヒーで、同行者はホットコーヒー)。

こちらが、サラダとスープ。サラダは、大根と乳酸白菜のサラダでした。乳酸白菜って、何かわかりませんが、中国の東北料理では、白菜の発酵たような漬物をよく使っていたっけ。

こちらが、タイ風チアシードのレモンラーメン。スープがトムヤムクンのようでした。中に入っていた鶏肉は、何かに漬け込んで焼いたようなお味でした。

チアシードを麵に入れて食べます。なにやら非常に体によい食べ物だそうですが、味を感じませんでした。

ちなみに、お茶は、ジャスミン茶だそうですが、恐らくプーアール茶がブレンドされていると見ました。

で、こちらが、筍と山菜のあんかけ焼きそば。

ちょっと、驚いたのは、壁に貼られた、お酒のメニューの数々です。ワイン、日本酒、カクテル…。あれっ?体によいメニューを出す店に、お酒とは似つかわしくありません。

ま、秋田県民に、体のよいメニューを出しても、あんまり受けないからね。(タニタも閉店したし)。お酒を出さないと、お客さんが満足しないのでしょうか。

お店に秋田の地酒、新政(あらまさ)が置いてあるのに、またまた、びっくりしました。先ごろ、秋田駅前の居酒屋で、新政を注文したら、在庫切れだったのに、秋田市郊外のお店にあるとは、嬉しい…。

さっそくご賞味、と思いましたが、午後からまた車を運転する予定があるので、あきらめました。

私たちが食べているあいだに、ランチタイムは終了しており、お店を出たら、表示が「ただいま準備中」になっていました。

十六房

住所: 秋田県秋田市仁井田本町1-2-40
電話: 018-839-1661





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: 秋田のお食事のお店