地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

甜甜酒楼 (てんてんしゅろう)で刀削麺! 秋田市保戸野

   



前から入ってみたかった中華料理店、甜甜酒楼に、友人からお誘いがあり、行ってきました。中国語で、「甜」は甘い、「酒楼」はレストランを意味するんですよね。「甘い甘いレストラン」って、どんなんだろう。

秋田で、中華料理店というと、敷居が高い印象がありますが、少なくても、ランチはカジュアルに入れる雰囲気でした。昼時の一番混む時間帯を避ければ、一人でも入れる感じです。

ランチの営業時間が、11:00から17:00までと長いのも、いいですね。一人でも、ゆっくり飲茶ができそう。今回は試しませんでしたが、飲茶用のセットメニューがあるし、中国茶も各種揃えているそうです。

しかし、お店で出してくれたお茶が、煎茶だったのには、ちょっと…。中華料理店なので、せめて、単価の安いジャスミン茶にしてくださいよ、と思いつつ、日本で仕入れると、ジャスミン茶って、高いのかもしれない、と考えていました。

今回、いただいたのは、友人が麻婆豆腐セットで、私が日替わりメニューの刀削麺でした。友人は、麻婆豆腐が好きで、いつもここで、このメニューを頼んでいるそうです。注文してから、すぐに出されたのに、驚きました。でも、ランチだと、仕事中で急いでいる人が多いので、早く出してくれるほうが、ありがたいです。

反して、私の刀削麺は、15分くらい待たされました。やはり麵を削る時間が必要だったのでしょうか。刀削麺というのは、小麦粉を水で練って塊にしたものを、包丁で、スッスッと切って、作る麵です。太さや、長さが、1本1本形が違うので、食感が微妙に異なります。

北京に留学していたときは、屋台のお店で、料理人が、小麦を練った塊を肩に載せ、麵を削って、お湯の中に落としているのをよく見ました。甜甜酒楼では、残念ながら、このパフォーマンスを見せてくれませんでしたが。ディナーとか、予約したら、見せてくれるのかも。

さて、刀削麺の味付けは、担担麺風味でした。麵が刀削麺で、味付けが担担麺って、変な言い方ですが。日本で、(秋田で?)、担担麺というと、ゴマダレ(ピーナッツ?)に唐辛子のあるスープに、麵が入っているものなんですね。以前、大黒屋で食べたときも、このような味でした。ただ、甜甜酒楼の味付けのほうが、辛いです。

甜甜酒楼の刀削麺は、950円だったかな?(900円だったかも)。もちもちの麵がおいしかったです。ボリュームたっぷりで、全部食べられませんでした。混雑する時間帯を避けて行ったからかもしれませんが、広いテーブルで、ゆったりお食事できて、満足しました。

甜甜酒楼 アクセス

住所: 秋田県秋田市保戸野千代田町13−70

電話: 018-853-0398

ランチ 11:00~17:00
ディナー 17:00~22:30(L.O.22:00)
飲茶・点心タイム 14:00~17:00

ランチ営業、日曜営業、駐車場あり

よろしかったら、こちらの記事もどうぞ。
和中洋が入り混じる「中華ダイニング大黒屋」でランチ 秋田市仁井田
激辛麻婆豆腐に挑む! 「中国料理 盛(サカリ)」 秋田市八橋






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: 秋田のお食事のお店