地球に暮らす日々

オンライン英会話体験などの英語学習、中国語学習、中華圏での生活、秋田の生活について語るブログです。

秋田市内の秘湯 貝の沢温泉で、リラックス

      2017/07/05

kainosawa1

今回、車があれば、秋田市の中心部から「わりと」手軽に行ける、貝の沢温泉に行ってきました。

なお、秋田駅からのバスでの行き方を2ページ目にご案内しております。(お時間と、歩ける余裕がある方向けです。)

秋田市も市町村合併が進み、市の半分は、いわゆる郊外というか、山の中になってしまいました。

初めての訪問ということもあり、たどり着くのが大変でした。

貝の沢温泉のウェブサイトには、「住所:秋田市太平貝の沢66」書いてあります。しかし、カーナビにセットしようとすると、そんな住所はありません。

似たような「秋田市太平山谷貝の沢代表地点」で、セットしたら、とんでもなく山奥の細い道に案内されてしまいました。

秋田駅から、県道28号線を走り、本来右手に、貝の沢温泉の看板が見えたところで、右折しなければならなかったのに、看板に気づかず、通りすぎてました。

kainosawa2

けっこうカーブが多い山道なのに、他の車は、法定速度の時速20キロオーバーで走っていました。

山道運転になれない私は、もうヒヤヒヤ。

途中、迷いながらも、なんとか到着しました。

立派な門構えです。

この奥にも、駐車場があります。

kainosawa3

趣がある、古びた山荘です。

つづじが植えられた庭園がきれいです。

庭園には、やたら、お地蔵さんや七福神の像が置かれています!(笑)。

kainosawa4

以前は、リーズナブルな、宿泊コースがあったのですが、現在、宿泊施設改装中とのことで、日帰りの入浴しかできません。

改装後の2016年11月には、露天風呂もできるそうなので、楽しみですね。

また、改装後には、秋田駅からの送迎バスが復活し、日帰り客も利用できます。

入浴料は400円(+消費税)です。1時間の制限あり、なんですが、空いている場合は、あまりウルサク言わないもよう。

kainosawa_card

受付で、スタンプカードを勧められました。15回入浴すると、1回入浴料無料になります。

kainosawa6

いざ、大浴場へ。

隣の棟は、宿泊施設で、解体工事が行われていました。

kainosawa7

赤い暖簾と青い暖簾、おそらく赤い暖簾のほうが女湯でしょう。

が、間違っていたら大変なので、受付まで戻って確認しました。

無料ロッカーに、貴重品を入れらます。

浴槽の様子は、ウェブサイトからの抜粋をご覧ください。

kainosawa5

こちらが、温泉の成分。

とろみのあるお風呂でした。

入浴後、匂いがほとんど残らない湯です。

効能は、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、関節痛、痔疾、冷え性。

ちょっと、肌の調子がよくなかったのですが、入浴後はかゆみが収まって、心なしか、艶々です。

kainosawa8

入浴後は、自動販売機で買ったサイダーを飲みながら、ソファでくつろいでいました。

新聞や、雑誌、小説などが若干置いてあります。

kainosawa9

庭園は、なんと東京ドーム8倍もあるそうです。

散策したい気もありましたが、雨上がりで道がぬかるんでいたので、やめました。

それと、広すぎて一人では怖かったので。

あと、最近、秋田県内、熊の被害が深刻なので。

また、来ます。さようならー。



こちらの記事もおすすめです。
秋田市 新屋温泉 ヒバ造りの浴槽と、太古の海水の恵み

貝の沢温泉リニューアル 新装オープン 秋田市太平



次ページに、貝の沢温泉への路線バスでの行き方を書いてみました。

1 2





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 - カテゴリー: 秋田の温泉